詩のみずうみ 

割り切れない気持ちを割り切らないまま表現します              ※無断転載、印刷配布おことわり © 環つやこ 2014

土の中の声を聴く

f:id:kazehikari:20151118110312j:plain

 

時に無性に言葉を綴りたくなる。

今朝もそうだった。

稚拙ながらも短い詩を気の向くままに書く。

今朝は、リゲティの音楽が私に寄り添ってくれた。

壊れそうになる、私の心のそばにいてくれた。

私の心の傾きのままに寄り添い、傾き、歪み、軋み、叫んでくれた。

言葉にならないリゲティ―の音、声。

キューブリック監督「2001年宇宙の旅」で使用され有名になった

リゲティの「永遠の光」


永遠の光 リゲティ - YouTube

 

永遠の光

リゲティの楽譜から 立ちあがる

土の中の人々の

折り重なり突き抜ける痛み

叫びと怒りと憎しみと

光に手を伸ばす祈りと

やがて水晶色

硬質の光に還る

おびただしく流血する魂の

救済     環つやこ©2015

 

映画監督 河瀨直美さんの言葉

 

私たちは心のなかを、言葉を使って表現するけれど、心が百パーセント伝わることはない。伝え方の技術がある人とない人がいて、それによって見え方が変わってくる。みんなに受け止められるかどうかということね。技術がない人は、想いを伝えられないまま土に戻っていく。私はその、土のなかの人の言葉を伝えたい。

ドリアン助川 著『プチ革命 言葉の森を育てよう』 映画監督河瀨直美さんとの対談より引用

 

 

作曲家 西村朗さんがパーソナリティのNHK-FM「現代の音楽」で

今月はリゲティの特集をしています。放送は日曜日朝8時10分~9時。

 

11月29日は我らが三善晃さんの特集です。

www4.nhk.or.jp